ぱのらま堂通信

アニメ、ゲーム、コミック、その他諸々、煩悩にまみれた日々を書きつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「はやて・綾那のさわやかセクシーナイト」
電撃大王3月号特別付録は、はやて×ブレードのドラマCDでした。
さっそく購入、聴いてみました。
ざっと聴いた感じ声優さんに違和感はそれほど感じませんでした。
主要キャラそれぞれの感想。

 ■はやて■
なんか幼すぎる感じでした。まあ慣れれば大丈夫なのかな?
 ■綾那■
ハマってます。雪野五月さんはつっこみキャラが定着してますねぇ。全編叫びっぱなし、お疲れ様です。
 ■じゅんじゅん■
テンション高いなぁ。こちらもハマってて、よい感じでした。このCDでは出番が少なかったのですが、春発売のドラマCDでは綾那とじゅんじゅんの絡みが多いといいですね。
 ■もか&わんこ■
 大本眞基子さんの岡山弁(?)が良いです。訛りに弱いらしいです、僕。そして、能登さんのわんこがすげぇ。こんな能登さん初めて聴きました。「かーーっ!!」とか「108の呪い技、地獄縛り」とか言ってるしギャップが激しい。
 ■会長&静久■
この2人もぴったりでした。静久の人の良さが良く出てたし、会長はもう言うことないです。

この付録CDを聴いた感じ、キャストに関しては問題ないですね。
後は林家志弦さんのコミックの雰囲気を、どこまでシナリオで再現できるかですねぇ。
それほど大はずれはなさそうですし、三月発売のドラマCD楽しみです。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。