FC2ブログ

ぱのらま堂通信

アニメ、ゲーム、コミック、その他諸々、煩悩にまみれた日々を書きつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
青天の霹靂
舞乙HiME第七話。
物語序盤の転換点なのか、過去の出来事から、現在の状況まで、伏線張りまくりで内容盛りだくさん。
以降ネタバレ注意です。
14年前の事件。
マシロの心の傷。
ナギのプロポーズ。
シュバルツの暗躍。
ハルモニウム。
歌、紡ぎ手、護り人。
命っぽい人の出現。
ハルモニウムの音を聞き足を止める深優。
マシロとの契約による蒼天のローブの着用。
マイスターとしての初戦闘。
そして、契約の解除をどうするか。

濃いですね、今回。いきなり情報量が増えて、今後の話の展開をいろいろと想像させてくれます。
ナギがシュバルツの黒幕なのか? マシロは本当に王女なのか? 絵画に描かれていた青いGEMのオトメ、レナ・セイヤーズはアリカの母なのか? ハルモニウム起動の鍵の3人目は誰か? 深優の立ち位置は?などなど止まるところを知りません。
ナギと深優は黒幕っぽいんですけど、個人的には味方であってほしい。
マシロはあそこまで言われると、逆に本物の王女だろうと勘ぐり。
レナ・セイヤーズに至っては、ニナの母親という大穴狙い。
ハルモニウム起動の鍵の3人目がニナ意外、納得できるかとか、答えが出るまで、妄想しまくりです。

しかし、アリカの必殺技
BOLT FROM THE BLUE=青天の霹靂
騒動体質のアリカにぴったりの技名ですね。

次回予告、来週は深優が本格参戦の模様、とても楽しみです。
そして、セルゲイ×ナギ。違和感を感じない自分が怖いっす。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。